• HOME
  • >
  • その他
  • >
  • Mac上でMAMPを使用してローカルにバーチャルホストを設定する方法

Mac上でMAMPを使用してローカルにバーチャルホストを設定する方法

バーチャルホストとは1台のWebサーバーで複数のドメイン名のサイトを管理する仕組みのことです。

バーチャルホストを利用すれば、複数のサイトを運用する際、1台のWebサーバーで運用できるのですが、このバーチャルホストはローカル環境でも実現できます。

Macでローカルサーバーを作成する際、MAMPを利用することが多いのですが、そのMAMPを利用してバーチャルホストを作成したいと思います。

スポンサーリンク

バーチャルホスト設定 Mac OSX+MAMP

Macでローカルサーバーを設置する際はMAMPを使用するのが便利です。

MAMPでのバーチャルホストの設定は、ドメイン名で管理する方法とポート番号で管理する方法があります。

その2つの方法を紹介しますが、まずはポート番号で管理する方法を解説します。

バーチャルホストをポート番号で管理する場合

MAMPをインストールするとデフォルトでは「\Applications\MAMP\htdocs\」がローカルのディレクトリとなります。

「http://localhost:8888/」でアクセスするとhtdocs内のファイルが表示されます。

デフォルトの8888というポート番号はそのままにして、それ以外の番号を増やしてバーチャルホストを設定していきます。

編集するファイルは以下の2ファイルです。

「\Applications\MAMP\conf\apache\httpd.conf」

「\Applications\MAMP\conf\apache\extra\httpd-vhosts.conf」

まずはテスト用に「\Applications\MAMP\htdocs\」内にtest01フォルダを作成します。

test01フォルダ内に適当な文言を記述したindex.htmlを入れてください。

httpd.confファイルを編集

ファイルの場所は下記です。

「\Applications\MAMP\conf\apache\httpd.conf」

「httpd.conf」を開くと、574行目辺りに以下の記述があります。

上記の2行目の先頭にある#を削除して下記の様にします。

削除したら保存し、次に「httpd-vhosts.conf」ファイルを編集します。

httpd-vhosts.confファイルを編集

ファイルの場所は下記です。

「\Applications\MAMP\conf\apache\extra\httpd-vhosts.conf」

「httpd-vhosts.conf」を開き、ファイルの末尾に以下のように記述します。

増やしたい分を下記に続けて記述します。

上記のようにバーチャルホストを使用したい分だけ、任意のポート番号を追加していきます。
今回は8001~8003と3つのバーチャルホストを作成しました。
※ポート番号が別のサービスや機器で使用していないか注意してください。

ファイルを保存後、MAMPのコントロールパネルを開いて、apacheサーバを再起動してください。

下記にアクセスして、test01フォルダ内のファイルの内容が表示されれば完了です。

ポート番号でバーチャルホストを作成するのはとても簡単ですね。

バーチャルホストをドメイン名で管理する場合

Mac OSXにはApacheが元からインストールされていて、ローカルサーバーとして使えるようになっています。

MAMPは元から入っているApacheを利用せずに、改めて別の場所にApacheを入れます。
そのため元から入っているApacheとぶつからないようにポート番号を8888にしています。

Web標準のサーバーのポート番号は80です。

バーチャルホストをドメイン名で管理する場合、ポート番号を8888から80に設定する必要があります。
しかしその前に元から入っているApacheが動作しないように、システム環境設定で「インターネット共有」を切っておきます。

インターネット共有が切れているか確認します。

次にMAMPのコントロールパネルの設定を押して設定画面へ。
「ポート」タブ内の「WebとMySQLのポートを80と3306に設定」ボタンを押します。

これでWeb標準であるApacheのポート番号が80、MySQLのポート番号が3306となりました。

デフォルトの「\Applications\MAMP\htdocs\」にアクセスした場合のURLは「http://localhost/」になりました。

「\Applications\MAMP\htdocs\」内に複数のサイトを管理する場合を想定します。

まずはテスト用に「\Applications\MAMP\htdocs\」内にtest01フォルダを作成します。

test01フォルダ内に適当な文言を記述したindex.htmlを入れてください。

編集するファイルは以下の3ファイルです。

「\Applications\MAMP\conf\apache\httpd.conf」

「\Applications\MAMP\conf\apache\extra\httpd-vhosts.conf」

「\private\etc\hosts」

httpd.confファイルを編集

ファイルの場所は
「\Applications\MAMP\conf\apache\httpd.conf」

「httpd.conf」を開くと、574行目辺りに以下の記述があります。

増やしたい分を下記に続けて記述します。

hostsファイルを編集

ファイルの場所は
「/private/etc/hosts」

Macのhostsファイルは分かり辛い場所にあるので、下記の方法でアクセスすると楽です。
また、hostsファイルはMac標準のテキストエディタでは編集できませんので、「mi」や「sublimetext」等を使用します。

ファインダーメニューの「移動→フォルダへ移動」
ダイアログボックスに「/private/etc」をコピペしてhostsファイルを見つけます。

管理者権限を変更する必要があるので、hostsファイルをctr+クリックし、「情報を見る」を選択。
アクセス権を「読み出しのみ」から「読み書き」に変更後、テキストエディット以外のエディタでファイルを開きます。

hostsファイルの下の方に以下の記述があります。
「127.0.0.1 localhost」

その下に続けて以下の記述をします。
「127.0.0.1 test01」
「127.0.0.1 test02」
「127.0.0.1 test03」

ファイルを保存後、MAMPのコントロールパネルを開き、apacheサーバを再起動すれば完了です。

ブラウザのURL欄にtest01と入力してブラウザ内にindex.htmlの内容が表示されればOKです。

127.0.0.1 はそのコンピュータ自身を示すIPアドレスのことです。
test01 と入力することで自分のパソコンにアクセスし「httpd-vhosts.conf」の情報を参照して、該当の情報を表示するということです。

以上、Mac上でMAMPを使用してバーチャルホストを設定する方法でした。

スポンサーリンク

Related Posts

おすすめの本

私は、写真を撮るのが趣味なんですが、写真好きに是非おすすめしたい本がありましたのでご紹介します。 「…

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.