WordPressで「関連記事」の表示方法

このブログでもWordPressを使っているのですが、WordPressのバージョンを「3.1.2」に更新したところ、いつの間にか「関連記事」が表示されなくなっていました。

「Simple Tags」というプラグインを使って「関連記事」の設定をしていたのですが、表示の仕方を検索しても古いバージョンの記事しか引っかからなかったので、最新バージョンでの設定として、備忘録もかねて記事にしました。

スポンサーリンク

Simple Tagsとは?

「Simple Tags」とは本来「タグ」を管理するプラグインです。
タグクラウドの表示方法を設定したり、管理画面上でタグを一覧表示させたりなど、タグをよく使うブログではとても重宝すると思います。

タグ一覧

WordPress管理画面上のタグの表示

タグクラウド

ブログ上でのタグクラウドの表示例

「Simple Tags」の機能を使って、「関連記事」を表示させる機能は付加機能ですので、タグをよく使っているブログ向けになります。

Simple Tagsの設定方法

1.まず、Simple Tagsのサイトに行き、赤枠で囲んだボタンをクリックしてプラグインをダウンロードします。

Simple Tagsダウンロードページ

2.ダウンロード後、解凍ソフトをつかって解凍し、FTPソフトを使ってアップロードします。
アップロード先は、「WordPress本体のフォルダ>>wp-content>>plugins」の中です。
フォルダごと突っ込んじゃいましょう。

3.WordPressの管理画面に行って、左メニューのプラグインボタンを押します。
「Simple Tags」の項目が表示されていますので、「Simple Tags」が機能するように有効化ボタンを押します。

プラグイン

4.左メニューの一番下の「設定」という項目の中に、先ほど有効化した「Simple Tags」のテキストリンクが表示されていますので、そちらをクリックして「Simple Tags」の管理画面に入ります。

Simple Tags

5.Featuresタブ内にある「Related posts by terms」にチェックを入れます。
ちなみに同じ機能で「Similar Posts」と「Yet Another Related Posts Plugin」というプラグインがあるのですが、このページ上でそれらのプラグインを進めている文言がありますね。
ま~、気にせず進めます。。。

Simple Tagsの管理画面

6.「関連投稿」タブを押して各設定をします。

Simple Tagsの管理画面

Automatically display related posts into feeds:
RSSに関連記事を投稿できます。

Automatically display related posts into post content:
関連記事を表示する場所をしていします。
私は、singleonly – シングルページのみ(投稿のみ)にしてます。

Related Posts Order:
関連記事の表示順を指定します。

Post link format:
表示タグの編集ができます。
私は、一番後ろの(%post_comment%)を削除してコメント数を消しています。

Maximum number of related posts to display: (default: 5):
関連記事の表示数です。デフォルトは5です。

Enter the text to show when there is no related post:
関連記事が無い場合に、表示させたい文言を指定できます。

リストの前 (上) に表示するタイトル:
関連記事のタイトル文言を指定できます。

以上、「Simple Tags」を使用した、関連記事の表示方法でした。
ページビューを少しでも増やしたいときに、とりあえずすぐできる施策ではないでしょうか?

初めて当ブログに訪れた方や何度か当ブログにお越し頂いている皆様。
もしブログの内容が気に入って頂けましたらRSSリーダーの登録よろしくお願いします。

スポンサーリンク

Related Posts

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください