• HOME
  • >
  • Web Design
  • >
  • 5ステップでマスターする!初心者から始めるWordPress勉強法

5ステップでマスターする!初心者から始めるWordPress勉強法

Webデザイナーが身につけておきたいスキルはとてもたくさんあります。

配色やUI・UXなどデザインに関する知識や、HTML/CSS、Javascriptなどの技術的なものまで、様々なスキルが求められますが、Webデザイナーなら、HTML/CSSはできて当然です。それにプラスして身につけておきたいスキルとして、最近ではWordPressが挙げられます。

その背景として、更新作業をクライアント自身が行いたいというニーズが高まり、実際ここ数年でのWordPressの注目度はとても上がってきており、Webデザイナーの必須スキルの一つとなりつつあります。

私自身も「早くWordPressを覚えなくては」と常々思っており、HTML/CSSができるならすぐに覚えられるのでは?
と軽く考えていました。

しかし、現実はそんなに甘くはありませんでした。。

ブログ程度なら本一冊と幾つかの参考サイトを見ればなんとか作れたものの、それをカスタマイズしていくとなるとこれが結構大変。
ましてや企業サイト等の普通のWebサイトのCMS化なんて絶対に無理無理。
と、こんな感じでなんども挫折してきました。
しかし、諦めずに続けてみると少しずつコツがわかってくるものです。

WordPressをある程度使いこなすには、基本的なPHPの知識やWordPressの仕様を理解するなどいくつかの壁があります。

私のプログラミングの知識は、Flash AcrionScriptをかじった程度なので、PHPは素人同然です。
ですがWordPressの特性を生かせば、実現したいサイトの難易度にもよりますが、サイトのCMS化を実現できます。

それではまず本題に入る前に、なぜWordPressが難しく感じるのでしょうか?

PHPで作るから? 独自タグがややこしいから?等、人によって色々あるかと思いますが、個人的に思うのはWordPressの自由度の高さからきているのではないかな?と思います。

つまり同じような構成のサイトをCMS化するのに人によって作り方が結構違うので、何を参考にすべきか判断できずに迷走してしまうのでは?と思ったりしています。
まさに私がそんな感じで、いつまで経ってもしっくりとしない感じでモヤモヤしていました。

上級者の方にとって自由度の高さは、ありがたいことだと思うのですが、私のような初心者には余計混乱するものなんですね。

なのでその辺りを踏まえた学習法が必要となってくるのです。

過去にWordPressに挫折した方、または挫折しそうな人のために、私が実践してきたWordPress勉強法をご紹介します。

スポンサーリンク

5ステップでマスターする!
初心者から始めるWordPress勉強法

1.標準テンプレートで適当に遊びながら、苦手意識を克服。

2.ゼロからオリジナルのブログテンプレートを作り、基礎を身につける。

3.WebサイトのCMS化に挑戦。

4.他の人が作ったWordPressサイトを参考に、設計力を鍛える。

5.セミナーや勉強会に参加して、WordPressを身近なものにする。

1.標準テンプレートで適当に遊びながら、
苦手意識を克服。

WordPressには最初からBlog用のテーマが搭載されていますので、そのテーマを使ってテストで投稿したり設定を変えたりして、少しでもWordPressの管理画面に慣れてください。
WordPressの管理画面は少々とっつきにくい印象があるので、苦手意識を無くすために、遊ぶつもりで色々といじってみるといいと思います。

この時点で各設定内容の詳細まで覚える必要はないのですが、メニューがたくさんありますので、どこにどのメニューがあるかを大まかに把握できていると、この後の学習もスムーズにいきます。

さて、WordPressをいじるといっても、すぐに使えるわけではありません。

WordPressはPHPとMySQLでできたソフトウェアなので、サーバーにインストールしないと使えません。

そしてこのWordPressのインストールですが、慣れればなんてことないのですが、初めての方にはちょっとややこしく感じると思います。
実際、多くのWordPress初心者がインストールでつまずくらしく、ここで挫折する人もいるとか。

私のこのブログももちろんWordPressでできており、サーバーはロリポップというレンタルサーバーを借りています。

ロリポップというレンタルサーバーは「月額105円」を支払えば、「WordPress簡単インストール」という機能が付いており、初心者でも手軽にインストールできます。
インストール作業に無駄な労力をかけるのは、無駄だと思っていましたので、私もこの「簡単インストール」でインストールしてWordPressをはじめました。
実にあっさりとインストールできましたので、確実にインストールしたいという方にオススメです。

★☆★☆★☆ ナウでヤングなレンタルサーバー!ロリポップ! ☆★☆★☆★
月額105円~容量最大120GB!大人気のWordpressも簡単インストール★

または、自分の使っているパソコンをローカルサーバーとして利用して、WordPressをインストールして使う方法もあります。
このブログの過去の記事に「ローカルサーバーをXAMPPで構築してWordPressをインストールする方法」を紹介しています。
XAMPPというローカルサーバーを利用したことがない方にも分かりやすく解説していますので、ぜひチャレンジしてみてください。

2.ゼロからオリジナルのブログテンプレートを作り、
基礎力を身につける。

WordPressは元々ブログソフトウェアです。

ですので、まずはオリジナルのブログテンプレートを作ることから始めて、WordPressの基礎的な作法を学びましょう。

ブログテンプレートを作成する過程で、WordPressの独自タグやモジュールテンプレートの使用方法、メインループと呼ばれるPHPの書き方など、基本的なスキルを身につけることができます。

ところで、WordPressの難しさの理由の一つに「自由度が高い」ことを挙げました。

「自由度が高い」ということはつまり、同じ成果物でも色々な設計方法があるということ。幾つもの設計方法を学ぶために、同レベルの本を2冊は読むことにするといいと思います。

WordPress初心者の方におススメの本

基本的なWordPressのテンプレートタグの解説も詳しく解説されているので、
はじめてWordPressを勉強するのにうってつけの一冊。
発売日は少し古いですが、WordPressの基本的なことを扱っているので、まだまだ役に立ちます。
このブログもこの本を参考に作成しました。

上記の本を理解したうえで、次のステップに進むために読んでおきたいです。
これら2冊を理解することで、基礎が身に付くと思います。

また、以下のブログも参考になりました。
おそらく最もわかりやすいWordPressテーマ制作チュートリアル

WordPressのテーマ作成についてのブログ記事は幾つもありますが、タイトル通りとても分かりやすかったです。
また、サンプルもダウンロードできるので、すぐに勉強できるのもいいですね。

これらは同レベルの内容ですが、それぞれの視点で解説してあるので色々と気づきが生まれてくるはずです。
それらの気づきをググるなどして、不明点をクリアにして基礎を身につけていきましょう。

3.WebサイトのCMS化に挑戦。

オリジナルのブログテンプレートが作れるようになったら、いよいよWebサイトのCMS化に挑戦です。

自分ではスンナリ入っていけるのかな〜と思っていたのですが、結果的にはちょこちょことつまずきました。

PHPの書き方など少しずつ難しくなってきますが、意味さえ把握できればコピペすれば済む話なので、この辺は問題ではないです。
個人的に一番難しいと感じたのは、投稿と固定ページをどのようにテンプレート化してサイトを構成していくかという部分でした。

つまり設計力の部分です。

この部分がもっとも作り方に個性が出るところではないかと思います。
ですので、ここでも2以上の本で学習して、様々な設計方法を学びました。

最初に難しい本からチャレンジすると挫折してしまうと思いますので、比較的分かりやすい本から学習するといいと思います。
ワタシ的には以下の本がオススメです。

WordPressをCMS化するのにおススメの本

CSSについての解説も丁寧にされているので、CSSが不安な方にも安心して読めるのではないでしょうか?
CMS化へのステップが分かりやすく、この本でとても自信が付きました。

この本はWordPressのサイト構築で有名な、プライムストラテジーさんの本です。

amazonのレビューが良かったので、CMS化への第一歩として最初に選んだのですが、自分的には難しくて、何度も中断してしまいました。。
PHPの解説内容が当時の自分ではまだ理解できるレベルではなかったようです。

前述の「WordPress 3.x 現場のワークフローで覚えるビジネスサイト制作」を読んでから、改めてこの本に戻ることで色々と理解できました。
結果的には現場のノウハウが詰まった内容でレビューの高さにも納得しましたが、少々内容的には難しいので、「WordPress 3.x 現場のワークフローで覚えるビジネスサイト制作」を読んでからがいいと思います。

この2冊を読んで、それぞれ人によって設計の仕方に違いが出るものだと実感しました。

今までの2冊はステップを踏んで、1つのサイトを作成するという流れですが、この「PHPによるWordPressカスタマイズブック―3.x対応」はあらゆるシーンで使えるTIPSが詰まった本です。

「このページであの内容を出す」「このページにはあの内容を出さない」など、自分のサイトを思うように表現するのに便利でした。
文字ばっかりでちょっととっつきにくい感じがしましたが、前述の本を理解できれば分かりやすい良本です。

WordPress関数のリファレンス本です。
特にこの本は無くても問題ないのですが、私は公式のWordPress Codexを読むのがなんとなく苦手なので、この本を用意しています。
WordPress Codexが苦手な方は買って損はないですね。

4.他の人が作ったWordPressサイトを参考に、
設計力を鍛える。

様々な構築方法を知るために、本以外に現場の人の制作物も参考にしましょう。

私の場合はWordPressの案件を外注にお願いして、実際の現場ではどのように作られているかを学びました。

また、WordPressを使ったテンプレートで「賢威」というテンプレートがとても有名なので興味本位で購入し、どのように設計されているのか参考にしました。
特に「賢威」はSEOが強いことで有名です。
SEOに関する資料も同封されるので、SEOに興味がある方は購入してみるといいと思います。
さらに最近話題のレスポンシブデザインにも対応しているので、制作者にとっては色々と学べる点があるかと思います。
ちなみにこのパッケージ販売元のウェブライダーとは何も関係ありませんので(笑。


5.セミナーや勉強会に参加して、
WordPressをより身近なものにする。

WordPressのイベントやセミナーが各地で開催されていますので、参加してみてはいかがでしょうか?

WordPressは教えあうという文化ができており、他のコミュニティーに比べると皆親切だと言われています。
私もWordCampやその他セミナーに参加してWordPressを楽しんでいます。
WordPressイベントカレンダー

また、オンライン上で無料で学べる「schoo」というサイトを利用するのもいいと思います。
WordPressの授業もたくさんありますよ。

1つだけ注意点として、有料セミナーに参加の際は、自分のレベルに合ったセミナーに参加するということ。

数年前に67WS(ロクナナワークショップ)のWordPress講座を受講したのですが、当時の自分のレベルが低くて授業に付いて行けずに挫折しました。(笑
お金を払っての挫折ですから、ダメージは相当大きく。。

限られた時間の中での授業ですから、付いて行けなければどんどん置いて行かれます。
上記で紹介した書籍で学習していくと自分が分かる部分、分からない部分がはっきりしてきます。

ある程度理解できるようになってから有料セミナーを受講すれば、あやふやな部分が解消されて、より理解が深まると思います。
セミナーを受講すれば大丈夫というスタンスだと少々危険だということです。

また、たまには過去に学習した書籍を見返すことで、新たな気づきを得られてさらに力がつくと思います。

私もまだまだWordPressを学習中です。
お互いWordPressライフを楽しみながらがんばりましょう!

スポンサーリンク

Related Posts

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.